まあ、タケウマの備忘録のようなものです


by takeuma1192
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:正しい休日の過ごし方( 14 )

イエロー・サブマリン

b0078833_22471349.jpg 一昨日、四か月ぶりに床屋に行った。
 実は先週末も行った。いつものように、十分ほどの道のりをへらへら歩いていったら、いきつけのそのお店はカーテンがひかれ、入り口には「しばらくお休みします」との手書きの紙が貼られていた。

 ボクの住む町は、家が一軒全壊したけれど、多くは瓦が落ちたぐらいで深刻な被害はなかったから、店内がめちゃくちゃになっているとも想像できず、二代目の若主人がボランティアで東北へ行ってしまったのかと思ったりもしたけど、いずれにしても「しばらくお休みします」以外の情報はなく、考えても無駄というようにちょっと冷たい春の風が伸びすぎた髪をすっとすくっていったので、仕方なく来た道をへらへらと歩いて帰ることにした。

 一週間後、床屋は当たり前のように開いていて、いつものように二代目が「今日はどうしましょう?」と聞いてくる。「いつものようにテキトウに」と答えると、「いつものようにテキトウですね。ところで……」といつものような世間話が始まる、はずだった。
「ところで、先週親父が死んじゃいましてね。で、お通夜とか葬式とかでしばらく休んでいたんですよ」

 先代は癌を患っていた。一年ほど前咳き込むことが多くなり風邪かと思って受診したらどうも様子がおかしいとあれこれ検査をした結果、余命一年の癌だった。そんな話を二代目から聞いてから、ああ、一年が立ったのだ。
「医者の言うことってけっこう当るんですよね。3か月後にはこうなる半年後にはこうなるって、だいたい当っていましたね。まあ、そのおかげで準備できたからか、親父もほとんど苦しまなかったんですよ」
 
 ボクは、高校生の頃から先代に髪を切ってもらっていた。
 三十数年前、小さい頃から通っていた床屋のおばちゃんが、坊主頭か坊ちゃん刈りか七三かの刈り上げ系の調髪しかできないことを悟ったボクは、新しくオープンした床屋の客となった。その店の入り口横の白壁には、長髪に鬚面の男の顔が正面から大きく描かれていた。墨一色のその男が、ボクにはビートルズのジョージ・ハリスンに見えた。ボクと同じような理由で新しい床屋を探していたギター仲間もジョージに見えるという。ビートルズが好きなら刈り上げ以外もできるんじゃないか。そんなことを話し合って、ボクと友人は、まだ三十代半ばだった先代に髪を任せることになったのだ。
 その後、何度か店舗は改装されて、いつの間にか壁画のジョージもなくなってしまったけれど、先代の腕は悪くはなかったかし、「テキトウに」とさえ言えば適当に仕上げてくれたから、2か月に一度「ところで……」で始まる世間話を楽しんでいた。
 
 先代のちょっと早すぎる死とともに、ボクが悔やむことは、先代にあの壁画がジョージかどうかを尋ねなかったことだ。通い始めた頃は、20歳近く離れた大人の人に面と向かって聞く勇気がなかったし、壁画がなくなってからは聞くタイミングをなくしてしまっていた。いつか聞いてみようとは思っていたのだが、そのきっかけをつかめなかった。

 もしかしたら、二代目は知っているかもしれない。蒸しタオルを取りに持ち場を離れた二代目の姿を追おうと鏡を覗き込むと、待合椅子の上に、「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」のポスターが飾られているのに気がついた。あのポスターはいつからそこにあったのだろう? それを飾ったのは先代なのだろうか? そういえば、あの壁画は「イエロー・サブマリン」のジョージに似ていたような気がする。さて……

 そんなことを思っているうちに、椅子が倒され蒸しタオルが顔にのせられる。暖かい蒸気を頬に感じながら、その質問は、もうしばらく取っておいたほうがよいような気がしてきた。

 また、そのタイミングを失ってしまったのかもしれないけれど。
[PR]
by takeuma1192 | 2011-03-29 22:53 | 正しい休日の過ごし方

柿をいただく

b0078833_2119276.jpg
カメラをぶら下げて散歩をしていると、訝しげな目で見られることがあります。
そりゃ、そうですよね。
一応一眼レフだから大きいし目立つし、そんな大層なもので何を撮ろうとしているのか?
訝しく思うのも当然です。

More
[PR]
by takeuma1192 | 2010-11-21 21:25 | 正しい休日の過ごし方

菊日和

                     朝ご飯を食べて、散歩をする。
b0078833_19183384.jpg
                     お昼ご飯を食べて、散歩をする。
b0078833_19185079.jpg
                     午後のコーヒーを飲んで、散歩をする。
b0078833_1951973.jpg
                      気がつくと夕方。
b0078833_1934528.jpg
                      さあ、晩ご飯を食べよう。
[PR]
by takeuma1192 | 2010-11-14 19:40 | 正しい休日の過ごし方

浅野総一郎さんと出会う

b0078833_1924052.jpg
 日曜の午後、予定より早めに仕事が終わったので、そのまま帰るのがもったいないような気がして、目的もなく歩いてみることにしました。

 解散地となった門前仲町から、風の吹いてくるほうに歩いていくと隅田川に突き当たりました。永代橋の袂で下流の月島マンション群を眺めた後、上流遥かに見えるスカイツリーのほうへ歩いていくと清洲橋に。

 そういえば近くに清澄庭園があったはずと、川沿いの遊歩道を離れ街中に入ると、一人の銅像に出会いました。銅像の碑文を読むと、背後にあるコンクリート会社の創業者のようです。

 ボクにとっては縁もゆかりもない人ですが、黒光りするその容姿がこの日の青空に妙に合っている気がして、気がつけば何度かシャッターを押していました。何年か後、この写真を見て何を思うのだろうかと、自分を試すようなことを思いながら。
[PR]
by takeuma1192 | 2010-09-22 19:28 | 正しい休日の過ごし方

つくづくし

今日もよいお天気でしたね。
朝、いつのようにカメラ片手に散歩をしたところ、
裏の田んぼの畦に土筆を発見しました。
b0078833_1730410.jpg
ああ、春なんだなあと、あらためて思ったりして。
まあ、思っただけなんですけど(苦笑
[PR]
by takeuma1192 | 2010-03-14 17:31 | 正しい休日の過ごし方

シャボン玉飛んだ?

b0078833_17372278.jpg
この間の日曜日のこと。仕事を早めに切り上げて、帰りがけに代々木公園にぶらついてみると、中央広場に人だかりができていました。
b0078833_17414981.jpg
近づいてみると、ひも状の道具を使って、大きなシャボン玉を作っている人がいました。
b0078833_17573992.jpgb0078833_1758417.jpgb0078833_17582438.jpg











大きくても小さくても、シャボン玉が目の前に来ると、吹いてみたくなるようですね。
[PR]
by takeuma1192 | 2010-03-04 18:05 | 正しい休日の過ごし方

空を行くもの~その1~

b0078833_17134329.jpg
「天高し」という秋の季語があるけれど、秋の空は見てて飽きないですね。
この連休は、なんだか空ばかり仰いでいたような気がします。
いろいろなものが空を飛んでいくのを見ました。雲とか鳥とか飛行機とか。
写真に写っているのは、エンジンを背負って飛ぶモーターパラグライダーのようです。
[PR]
by takeuma1192 | 2009-09-24 18:00 | 正しい休日の過ごし方

アートな休日

 一昨日の日曜日、長男の通う絵画・工作教室の作品展が開かれました。小学校の低学年からのお世話になっているので、かれこれ10年以上のお付き合いですが、昨年からは父兄代表記録係の役職を拝命しました。まあ、作品を写真に撮っといてねということなのですが、あまり人がいない時間がよいだろうと会場のショッピングモールの開店時間に突撃することにしました。
b0078833_1915592.jpgb0078833_19154342.jpg













 去年に比べると、ちょっと生徒が少なくなったらしく、作品数は減少傾向の様子。撮る分にはラクですが、やはりちょっと寂しいかな。
b0078833_1918947.jpgb0078833_19182892.jpg













 でも、夢中になって作ったことがわかる作品って、うまいへたじゃなくて、ただあるだけで楽しくなってくるから不思議ですよね。
[PR]
by takeuma1192 | 2009-06-09 18:00 | 正しい休日の過ごし方

秋を探しに

本当は、いろいろ片付けること山積みの週末だったんです。
家でのんびりしていてはいけなかったんです。
でも、相方が2日とも仕事を含めた予定を入れていたので、
仕方なく(と自分に言い訳をして)ご飯当番として、家を守ることにしたのですね。
もちろん、仕事は大きな袋に入れて持ち帰ったのですが、
結局のところ、袋を開くことなく月曜日になってしまいました‥‥
関係各位に謝罪をしつつ、たまにはいいでしょと開き直ったりして。

本当に天候に恵まれた週末でした。
散歩の途中で、いろんな秋に出会いましたよ。
思わず、しばらくほっておいたデジイチを引っ張り出しました。
ということで、第一弾です。
b0078833_13481352.jpg

[PR]
by takeuma1192 | 2007-10-22 13:48 | 正しい休日の過ごし方

月はどっちに出ている?

一昨日のこと、すごく大きな満月が出ていたんですね。夜の7時半ぐらい、東の空、地平線からさっき出てきたところですといった感じで、ドドーンと浮かんでいました。ちょうど、用があって車を走らせていたのですが、道交法違反を覚悟して、車中からケータイカメラで写真を撮りたくなるくらい見事でした。
月からの使者がかぐや姫を迎えに来たときは、こんな月だったんじゃないかなと思いながらも、約束があったので、泣く泣くその場を走り去り、小一時間後に出直してみたら、あれれ、四分の一ぐらいに小さくなっていて、普通の月になっていました。

ということで昨日、あのバカでかい月を撮影してやろうと、再び出向くことにしました。なるべく月をさえぎるものがないところがよいかと、パラグライダーに遭遇した水田が地平線まで続く場所です。家から歩いて20分ぐらいでしょうか。気持ちがはやっているので、6時半過ぎには家を出て、夕闇迫る農道を歩きます。

7時、西の空には宵の明星が輝いていますが、東の空には何の変化もありません。
7時15分、田んぼの中でカエルが鳴いています。よく聞くと、ゲコゲコだったり、ケロケロだったり、ウゴウゴだったりして、いろいろなカエルがいることがわかりますが、東の空には何の変化もありません。
7時30分、頭上に北斗七星を発見。星がきれいな夜です。明日も晴れることを確信しますが、東の空には何の変化もありません。
7時45分、もしかして地平線のあたりに雲があるのではないかと目をこらしてみますが、すでに暗闇、よくわかりません。雲があるなら、突風で吹き飛ばしてほしいと祈りますが、こんなことで神風が吹くはずもなく、東の空には何の変化もありません。
8時、昨日見た月はまぼろしだったのだと思うことにしました。そう、東の空には何の変化もないのです。

根本的な勘違いをしていたことに、今日新聞を見て気づきました。
地方版に、日の出と日の入り、月の出と月の入りの時間が掲載されていました。今日の月の出は21時13分。一昨日と比べてずいぶん遅い。では、昨日は前日のものを出してみると、20時22分との記載。ボクが田んぼの真ん中で立ちつくしていた時間にも出るはずがないんですね。ちなみに、一昨日は19時25分。なるほど、月の出の時間は、1時間弱ずつずれていくと。

小学校の頃に教わったような気もしますが、使わない知識はどんどん忘れ去られていくようです。もっとも、役に立たないどうでもよいことほどよく覚えていたりもしますけど。ところで、宵の明星は、金星でよかったんですよね。
b0078833_2251281.jpg

[PR]
by takeuma1192 | 2007-06-03 22:54 | 正しい休日の過ごし方