まあ、タケウマの備忘録のようなものです


by takeuma1192
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月はどっちに出ている?

一昨日のこと、すごく大きな満月が出ていたんですね。夜の7時半ぐらい、東の空、地平線からさっき出てきたところですといった感じで、ドドーンと浮かんでいました。ちょうど、用があって車を走らせていたのですが、道交法違反を覚悟して、車中からケータイカメラで写真を撮りたくなるくらい見事でした。
月からの使者がかぐや姫を迎えに来たときは、こんな月だったんじゃないかなと思いながらも、約束があったので、泣く泣くその場を走り去り、小一時間後に出直してみたら、あれれ、四分の一ぐらいに小さくなっていて、普通の月になっていました。

ということで昨日、あのバカでかい月を撮影してやろうと、再び出向くことにしました。なるべく月をさえぎるものがないところがよいかと、パラグライダーに遭遇した水田が地平線まで続く場所です。家から歩いて20分ぐらいでしょうか。気持ちがはやっているので、6時半過ぎには家を出て、夕闇迫る農道を歩きます。

7時、西の空には宵の明星が輝いていますが、東の空には何の変化もありません。
7時15分、田んぼの中でカエルが鳴いています。よく聞くと、ゲコゲコだったり、ケロケロだったり、ウゴウゴだったりして、いろいろなカエルがいることがわかりますが、東の空には何の変化もありません。
7時30分、頭上に北斗七星を発見。星がきれいな夜です。明日も晴れることを確信しますが、東の空には何の変化もありません。
7時45分、もしかして地平線のあたりに雲があるのではないかと目をこらしてみますが、すでに暗闇、よくわかりません。雲があるなら、突風で吹き飛ばしてほしいと祈りますが、こんなことで神風が吹くはずもなく、東の空には何の変化もありません。
8時、昨日見た月はまぼろしだったのだと思うことにしました。そう、東の空には何の変化もないのです。

根本的な勘違いをしていたことに、今日新聞を見て気づきました。
地方版に、日の出と日の入り、月の出と月の入りの時間が掲載されていました。今日の月の出は21時13分。一昨日と比べてずいぶん遅い。では、昨日は前日のものを出してみると、20時22分との記載。ボクが田んぼの真ん中で立ちつくしていた時間にも出るはずがないんですね。ちなみに、一昨日は19時25分。なるほど、月の出の時間は、1時間弱ずつずれていくと。

小学校の頃に教わったような気もしますが、使わない知識はどんどん忘れ去られていくようです。もっとも、役に立たないどうでもよいことほどよく覚えていたりもしますけど。ところで、宵の明星は、金星でよかったんですよね。
b0078833_2251281.jpg

[PR]
by takeuma1192 | 2007-06-03 22:54 | 正しい休日の過ごし方