まあ、タケウマの備忘録のようなものです


by takeuma1192
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

社会の窓

終電間近の地下鉄はいつものように激混み。
座っているボクの前にかなり体格のよいお兄さんが立っているのですが、大きく突き出したジーパンのチャックが開いています。
不機嫌そうな顔でしきりに辺りを見回しているけど、死角なのか股間付近の異常に気付きそうにないみたい。
車両が揺れるたびに、ブラックホールの入り口が目の前に近づいては遠ざかる。
教えてあげたいけど、声に出して伝えるわけにもいかないし……
気になっているのはボクだけで、本人にとってはどうでもよいことかもしれないし……
あえてそうする、ボクには理解できない、深淵な理由があるのかもしれないし……
そんな思い(?)をのせて、今日も地下鉄は走るのよ。ア~、コリャコリャ♪
[PR]
by takeuma1192 | 2007-10-18 23:06